感情、被害者、成長、魂

嫌いなあの人について考える

映像を映し出しているのは自分であることを意識する

こんなちょっとした出来事が毎日を構成しています。今生のあなたの成長した魂に至るまでの間で、この一例の話のどこかで関わってきたことをただ受け入れることです。感情としてうけいれなくても【パターンを認める】という意識で大丈夫です。
タイトルとURLをコピーしました