恐怖を感じた時に焦点を変える方法~〇〇編~

あなたのために作られたもの~〇〇~

診察前の恐怖を和らげる方法

この症状が出た自分に〇をあげる。このタイミングで病院に来ることになった自分に〇をあげる。痛みを感じるこの体にも〇をあげる。あなたの借り物の体に何よりも〇をしてみてくださいね。
〇〇なあなた

溺れそうにもがいているあなたに

朝、ふと目を覚ます間際に溺れるような感情になっていることはありませんか?深く暗い海の底に落ちるような感覚になることはありますか?そんな時、イメージしてみてください。
あなたのために作られたもの~〇〇~

心地良い感情に戻れるサインを決める

あなたは何をしている時に自分の感情が心地良い場所にあると知っていますか?例えば、ゲームをしている時でしょうか?日中でもこの心地良い感情にいることが多いとあなたはとても生きやすいのではないでしょうか?
不安や恐怖を感じた時に焦点を変える方法~〇〇編~

パニックに襲われそうになった時に有効な方法~自宅のソファ~

飛行機に乗った時や、病院の待合室で知らない人が近くにいて心が苦しくなることはありませんか?そんな時に有効な方法をお伝えします。目をつむって、あなたのリラックスできる環境を思い浮かべてみてください。今回は自宅のソファを例に話を進めます。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

視点を切り替える

恐れの思考から愛の思考に切り替えるとあなたの心が楽になることがあります。フリーランスのお仕事をしている方の例で考えてみましょう。なんでこのタイミングでという思考からこのタイミングで良かったの思考にはどんな例があるでしょうか。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

不安や恐れで朝ベットから起き上がれない時 ②実践方法

不安の思考で毎朝ベットから起き上がれない時の ①思考を認める では、実際に自分が朝起きてから感じる感情を洗い出し、それを認めるという行為について説明を行いました。②では実践方法です。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

不安や恐れで朝ベットから起き上がれない時 ①思考を認める

不安という思考に襲われてベットから起き上がる気力が沸かない・・たまに、ありますよね。こころに負荷をかけることなく起きれたら良いですね。では、この状況でどのような思考が働くのかを洗い出し明日から少し楽に起きれるように取り入れてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました