嫌いなあの人について考える

ワンネス

自分と他人は重なっている

あなたが望むあなたらしさとはなんでしょうか?では、あなたの思いつく誰かは何を望んでいるでしょうか?しかし、その奥底に流れる感情にはあなたと同じ望みや思いが流れていることを少し意識してみましょう。
あなたのために作られたもの~〇〇~

パニックに襲われそうになった時に有効な方法~ドアを開ける前に~

あなたは仕事場に向かい、戦士のような気持ちでドアを開けます。これからは、ドアを開ける前にこうイメージしてみて下さい。ドアを開けて待っている同僚・上司は自分だと。あなたを傷つける言動をしたあの人も、否定することを言ったあの人もみんな同じ感情を抱える気づきの同士です。
嫌いなあの人について考える

あなたらしくいさせてくれる人

夜中、ふと今日の仕事中に感じたもやもやで寝れなくなる。あの時のあの人の一言の意図に何があったの?忙しさで忘れていたけれど穏やかでいられない心境。大人げないことでもなんでもありません。寝れないほど悩んでいるあなたがいるのですから。
嫌いなあの人について考える

嫌いなあの人について考える~言い訳することを許さない人~

そんな目に・・・という思考は自分が被害者であるという視点に他なりません。ベストを尽くして生きているあなたを何かしら苦しい気持ちにさせる人がいるのであれば今回もしくは前回までの人生においてあなたが似たようなパターンに関わっていたのではないでしょうか。
嫌いなあの人について考える

嫌いなあの人について考える

結論から言うと、あなたの周りはあなたの一部分です。何度か耳にしたフレーズかもしれません。一度、じっくりどのような現象をさしているのか考えてみましょう。この文章を読むだけで気づきがあるかも知れません。明日以降、今苦手なあの人とどんな関係になっているでしょうか?
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

もやもやを感じた時に焦点を変える方法

このような内容を読んで下さっている方は、真面目にベストを尽くして自分を制して役割を全うして仕事をこなしている方であると思います。だからこそ、もやもやとした気持ちを外に出すことをせず、どうにか自分で解決しようともがいているのです。 見える世界の本質に触れ、魂が成長し始めているあなたが楽になるためのヒントです。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

他者を知ろうとしない・自分を知ろうとする

他者を知ろうとしないというのは極端な言い方ですが、自分を知ろうとするの対極にある言葉を選んで表現しました。他者を知ろうとするということは具体的にはどういうことでしょうか。時に自分のこころの投影のフレームで見ているともいえます。
嫌いなあの人について考える

自分の感情・動機を許す・受け入れる  ①隠れた動機を掘り起こす

自分が本当は何を感じたのか・考えたのか?全て自分の一部と受け入れましょう。そこから、新たに選択したいことを考えられると良いですね。あなたの感情が不要なものを手放し、あらたな愛のエッセンスを受け入れるステップを具体的に考えてみましょう。
〇〇なあなた

人間関係が上手に構築できている時のサイン

マイナスを感じることで+も感じる。 自分らしくいる時というのはどんな時だと思いますか?自分を必要以上に良くみせようとしていない時ではないでしょうか。ありのままでいる時です。責任感のある人ほど、会社という得体の知れないものに評価を
嫌いなあの人について考える

映像を映し出しているのは自分であることを意識する

こんなちょっとした出来事が毎日を構成しています。今生のあなたの成長した魂に至るまでの間で、この一例の話のどこかで関わってきたことをただ受け入れることです。感情としてうけいれなくても【パターンを認める】という意識で大丈夫です。
タイトルとURLをコピーしました