もやもやを感じた時に焦点を変える方法

もやもやを感じた時に焦点を変える方法

あなたにとって、それだけの期間を必要とする大きなテーマなのです

答えを出すのに、見つけるのにそれだけ大きなテーマであるということだと。10年かかっても変わっていないのではなく成長していないのではなく今回の人生であなたの数本の指に入る大きなテーマなのではないでしょうか。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

フラットな状態について

ここでのフラットな状態というのは、あなたの良好な・心地よい状態にいられる精神のことを指しています。では、あなたがどの状態でいられることが心地良いのでしょうか?眠りにつく直前の感覚を具体的に挙げてみますね。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

どの感情もアルパカ

例えば、体調が悪いということで会社をずる休みしてしまったとします。その時、あなたの中に¨そう思ってはいけない¨感情が沸いてきたとします。その時にあなたがその感情を手に余し続けずにいられる方法があります。【会社を休んだ】この設定で考えてみましょう。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

もやもやを感じた時に焦点を変える方法

このような内容を読んで下さっている方は、真面目にベストを尽くして自分を制して役割を全うして仕事をこなしている方であると思います。だからこそ、もやもやとした気持ちを外に出すことをせず、どうにか自分で解決しようともがいているのです。 見える世界の本質に触れ、魂が成長し始めているあなたが楽になるためのヒントです。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

視点を切り替える

恐れの思考から愛の思考に切り替えるとあなたの心が楽になることがあります。フリーランスのお仕事をしている方の例で考えてみましょう。なんでこのタイミングでという思考からこのタイミングで良かったの思考にはどんな例があるでしょうか。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

他者を知ろうとしない・自分を知ろうとする

他者を知ろうとしないというのは極端な言い方ですが、自分を知ろうとするの対極にある言葉を選んで表現しました。他者を知ろうとするということは具体的にはどういうことでしょうか。時に自分のこころの投影のフレームで見ているともいえます。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

不安や恐れで朝ベットから起き上がれない時 ②実践方法

不安の思考で毎朝ベットから起き上がれない時の ①思考を認める では、実際に自分が朝起きてから感じる感情を洗い出し、それを認めるという行為について説明を行いました。②では実践方法です。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

不安や恐れで朝ベットから起き上がれない時 ①思考を認める

不安という思考に襲われてベットから起き上がる気力が沸かない・・たまに、ありますよね。こころに負荷をかけることなく起きれたら良いですね。では、この状況でどのような思考が働くのかを洗い出し明日から少し楽に起きれるように取り入れてみましょう。
もやもやを感じた時に焦点を変える方法

あなたが満たされると分けてあげたくなる

あなたが感じたい感覚はあの人も感じたい感覚です。大嫌いなあの人だって、まずはあなたが人生を抱きしめたくてしょうがない気持ちで満たされ始めたら、あいつやそいつも抱きしめてあげてもいいか・・って思える自分がいるかもしれませんね★
タイトルとURLをコピーしました